ヒロログ

公開型メモ帳 (=_=)zzz

2017.02.10 あ~ちゃん ちゃあぽんの!“West Side Story” 0046

20170210 西脇物語 0046

www.youtube.com

 

のっち「基本西脇家が聴いてるラジオでしょ?」(笑)

あ~ちゃん→『ゆかちゃん』って呼び方は母さんの影響、のっちはのっち。のっち「優しく呼んでくれるよ」

TOKYO GIRL→のっち「ドラマの主題歌なんですけど『東京タラレバ娘』という漫画原作の吉高由里子ちゃん… 吉高由里子「ちゃん」なんて呼んだことないけど!由里子」

TOKYO GIRL→かしゆか「最初声入れしたときと上がってくるまでに間があってね、そのレコーディング中にもどんどんコーラスを作っていって、レコーディングの最中にも最初と最後じゃ曲が変わるっていうことが多々あったんだけど。レコーディングの『仮で、ここで今日は…』って言ったときの感じを凄く三人とも気に入っていてリピートして聴いちゃってて、聴き込んじゃって。『完成です』って渡された時に『えっ… これ違う曲じゃないですか』って。印象が全然違って。」

のっち「こんなシリアスな印象なかったもん最初」

あ~ちゃん「めっちゃこねくり回したな曲を。めっちゃ引いたねってなったもんね結果、声だけじゃみたいな」

 

東京タラレバトーク!略してTTRT

目の前にボックスがあります。ドラマにかけて『○○してれば、○○してたら』、質問に答えてもらいます。

ゆかちゃ~ん!、かしゆか「ちらちら見える姉妹の仲の良さがもう楽しいなあ」

のっち「一瞬、家になってる」

【長い休みが取れたら、一ヶ月くらい】かしゆか「まるまる一ヶ月海外に滞在したい。都市かリゾート地か。性格的に長い休みになると後半プレッシャー感じてきて具合悪くなっちゃうのね。こんなに休んで大丈夫かな、仕事復帰できるかなって、リゾート地はすることがなさすぎて無理な気がするからヨーロッパとか一ヶ月滞在してみたい。フランスとか住んでみたい」

 

のっち、【○○さえあれば生きていける】

のっち「米だね、米さえあれば生きていける」

かしゆか「食パンじゃないのそこ?」

のっち「あのねぇ~ 食パンも好き」

ちゃあぽん「ええええ!食パン好き?!」

のっち「好き。確かに… はははは」

 

あ~ちゃん「それちょっと置いとこうか、この人パンが好きすぎて反応しちゃうから」

のっち「一回のっちさんのターンね」

あ~ちゃん「(大笑い)」

のっち「確かに中学生のときとかは食パンだけで生きている時期とかもあった。さえあれば生きていけるけど、やっぱ最近炊飯器を買ったのよ、炊飯器を信じていなかったんです、今までは。土鍋のほうが美味しく炊けるだろうと思ってたんだけど、最近は美味しく炊けるということが分かって今米にはまってます」

 

あ~ちゃん「意外と米にこだわりがあったんじゃろうね炊き方とか。ね、それ知らんかったくない?だってさあ、のっちの舌バカじゃん」

のっち「うぉわい!」

かしゆか「味覚怪しいから」

ちゃあぽん「カレーならなんでもいいって言ってたよね」

あ~ちゃん「不味くても好きだから。桃味の飴もパイナップルとか言っちやうパターンだから」

のっち「最近のは冷めても美味しいお米が炊けるから、それでおにぎり作って食べたりしてる」

 

@15分

 

あ~ちゃん「自炊始めたんでしょ」

のっち「始めた!それもあれよぉあ~ちゃんのお母さんが『ホットクック』っていう電子調理器を誕生日にくれて去年の秋くらいに。それ~からよ」

あ~ちゃん「うわぁ今喜んでいますね」

ちゃぽん「母が」

のっち「お母さんありがとうね(^_^)」

ちゃぽん「これ多分あと5回聴くと思いますありがとうございますね。いただきました」

 

3.5合炊き ピュアホワイト
三菱電機 ジャー炊飯器:本炭釜 NJ-SW067
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/suihanki/product/honsumi/sw.html

ヘルシオ ホットクック
水なし自動調理鍋:シャープ
http://www.sharp.co.jp/hotcook/

 

続いてあ~ちゃん、広島限定ファーストシングル『OMAJINAI★ペロリ』発売から来月で15年、だっ"たら"メンバーが仲良くなった切っ掛けを聞きたいな

 

あ~ちゃん「アクターズスクールは元々3人一期生で一緒なんですけど、あたしとゆかちゃんは前に体験レッスンで行ってた別のスクールで出会ってるんですよ。のっちとはクラスが違ったんよな、私とゆかちゃんとは。」

かしゆか「最初アクターズスクール入った当初はのっちっていう存在を知らなかったもん」

あ~ちゃん「そうじゃね彩乃ちゃんじゃもんね、彩乃ちゃんというスター」

かしゆか「彩乃ちゃんの存在をね、まだ他のクラスにいる女の子っていう認識だったから、仲良くなるにも程遠かった」

のっち「おんなじクラスになったんだったっけ?」

あ~ちゃん「同じクラスになる前に私はSPEEDメドレーの時の楽屋がBとDが一緒だったんよ、彩乃ちゃんBクラス私たちDクラス。で同じだった時に、なんかね『トイレの鍵が閉まっとる』とか言って『こん中にお化けがおる』『うそ!お化けおるん』みたいな、初学生ですから5年生ですから大騒ぎ。ほいで皆んな『鍵もあかんし、いっか』とか言ってはけていったとこ私とのっちだけ残って。で『彩乃ちゃんて私と好きだなって思うこと同じなんだ』みたいなって思ってそっからめっちゃ話しかけるようになったんよ」

かしゆか「それのっちは覚えてるの?」

のっち「全然覚えてない。いつの間にか仲良かった、私の中では。あ~ちゃんの方が最初に仲良くって、むしろPerfumeに入ってからかしゆかと私は喋るようになった」

かしゆか「多分同じクラスになったりして『Perfumeどうする』みたいな話しになってても私は人見知りだから他の子とか新しい子に話しかけられなくて、あ~ちゃんが『じゃのっちにしよう』ってなって、のっちも『入るー!』ってなった後に3人であ~ちゃんの家に集まって『よしこれから頑張るぞー!』みたいな」

あ~ちゃん「『仲良くなろう!』ってね」

かしゆか「あ~ちゃんがお風呂入るってなった瞬間『二人っきりだ…』ってなって。あ~ちゃんが携帯のロックを解くっていうお題を2人に残してくれて『(カチカチカチ)解けた~?』『まだ~』…ってあ~ちゃんが入ってくる」

あ~ちゃん「ヤバくない、それしか交わしてないんだって」

かしゆか「30分間一言っていう」

ちゃぽん「人見知りの極みじゃ」

かしゆか「そっから徐々にPerfumeとして集まるようになってから仲良くなってっていう感じ」

あ~ちゃん「そんときラジオ凄い聴いとったよね、2人でさ。広島の人ってラジオ聴くのって基本じゃん、車社会じゃけん。ラジアンリミテッド絶対聴いとったじゃん」

 

かしゆか「のっちが福山出身だから、福山に広島から帰るっていう時に駅まで送りに行ったりとかバスセンターのとこまで行ったりとかいうので車ん中で2人で、ちょっと緊張しながらラジオ聴いてラジオの会話をするとか」

のっち「そうそう河川敷で大声で歌ったりしたよ」

あ~ちゃん「したよねぇ!それあとから聞いたもん」

かしゆか「ちょっとキュンキュンこっ恥ずかしい青春してた」

のっち「それで仲良くなった」

 

@21分

 

ちゃぽん「いかがでしたでしょうか」

のっち「早かったね」

かしゆか「早かった」

あ~ちゃん「早かった?ようけ喋ったよ」

のっち「話してる内容としては、だいたい西脇家にご飯食べに皆んなで行って夜中2時3時になってから家族と喋る内容だった(笑)」

かしゆか「昔を思い出す話」

あ~ちゃん「インディーズが多めよね」

かしゆか「『あのときこうだったじゃん~』みたいな『お母さんらどう思っとったん~?』みたいな」

(笑)

のっち「だいたいその雰囲気だった気がする。楽しかった」

 

あ~ちゃん ちゃあぽんの!“West Side Story